マジックリスニング・英語耳

紹介実績

注文はここから

日本人がヒアリングが苦手なわけ 必要な英語耳への変換

人間の体は、よくできていて使用しない部分の能力は衰え、よく使用する
部分は発達するという特徴があります。
また、5感については取捨選択して必要なものだけを抽出するという機能を有しています。
音を聞く感覚器官である耳も同様に、使用しなければ衰えますし、必要
のない情報は取捨選択して効率よく動こうとします。

この衰えと、取捨選択の機能が逆にマイナスに働いているのです。
簡単に言ってしまえば、日本人の大半の人の耳は「日本語だけ向け」に
なってしまっているのです。

日本語は主として、500~1000ヘルツの帯域の音をメインとして構成され
ています。
そのため、
日本人は500~1000ヘルツ前後の音(主に母音)に対しては
敏感に反応
することができます。
しかし、
英語には、日本語での使用があまりなく日本人には認知されに
くい2000ヘルツ以上、場合によっては1万ヘルツ以上の音が含まれている

のです。

つまり、
普段使われていない帯域の音が含まれてる場合、日本人の耳
では、そういった音を言語の音として想定していない為、聞き取ることが
非常に困難であったり、聞こえていても脳が不必要な音と判断し、ほとん
ど認識できない様態になって
しまっており、その周波数帯の音(子音)に
対してなかなか敏感に反応ができないのです。
耳が日本語向けになっていることによって、聞き取りづらい帯域が
あることが、日本人がヒアリングが苦手な原因の大きな一つ
なのです。

逆にいえば、日本人が聞き取りづらい帯域の音に対応できるようにする
ことがヒアリング能力を向上させる一つの鍵だといえます。

なぜ英語が聞き取れないか マジックリスニングで英語耳を作ろう

日本人が英語を聞き取れない原因の一つは、日本語と英語では、使用
されている周波数の帯域が大幅に異なり、日本人耳には聞き取りずらい
帯域の音が英語には存在している
という事です。

さらに詳しく言えば、日本語では常に子音と母音が対になって、音を構成
されており、子音は弱く曖昧に発音されるのに対し、母音が強く長く発音
されます。
そのため、日本人には母音ばかり選んで聞き取る癖があり、子音が聞こ
えにくい
のです。
つまり、日本人にとって高周波の音(子音)は、あまり使われない領域な
ので、実際に耳に入ってきても、無意識のうちに耳(正確には脳)が勝手に排除してしまっている
のです。
だから、「日本人には聞こえない音がある」あるいは、「聴こえているはずなのに、認識できていない音がある」、と言えるわけです。

加えて、我々は、英語を聞く時も、子音の後には必ず母音がくっついてく
る、と無意識に予測(日本語的予測)してしまいます
。 そして日本語には
ない子音だけで終わっている音の終わりに、本来無いはずの母音を加え
英語本来の音を全く別の音に置き換えてしまいます。
それによって英語のリズムも把握できなくなってしまうのです。

ですから、日本人特有の音の聞き取りのクセ(周波数の問題、日本語的
予測)を治さない限り、いくら英語を聞いてもなかなか上達しません

「単語も文法も覚えた、リスニングもトレーニングしているのに、いつまでたっても聞き取れない」という人は、上記のような「日本語耳」のままで
リスニングの練習をしており、英語特有の音やリズムが取得できていない
のです。

これらの問題をたった12日間で解決し、英語耳をつくるのがこの、科学的聴覚トレーニングシステム、マジック・リスニングなのです。


英語が突然聞き取れる

突然英語が聞き取れるようになる秘密とは?

実は利用者は、CDを専用ヘッドフォンで聞くだけです。

このCDの音楽には特殊な処理がしてあり、6キロヘルツから4キロヘルツ
以下の周波数を持つ音を取り除いてあり、非常に周波数の高い音になっ
ています。
それによって日本人が聞き取りづらい、高周波の音の聞き取りに
耳を慣らします


また、音が聞こえてくる方向が、不規則に左右に移動するような仕掛けによって、日本人が言語を聞くときに無意識にしてしまう、「子音のあとに
母音がついてくるはず」という日本語的予測を断ち切る事ができます。

この「高周波の音の聞き取り」「日本語的予測」といった日本人が
英語を聞き取れない主な原因の二点を克服する事に特化した、特殊な
処理音のCDを繰り返し聞くことで耳がトレーニングされ

1.認知周波数領域が広がり、子音がハッキリと聞き取れるように
なり

2.音の日本語的予測が断ち切られるため、英語のリズムもスムーズに受け入れられる


事によって、短時間で英語の音がはるかに聞き取りやすくなっていくの
です。

つまり、日本語向けになっている耳を、英語を聞くことに対応するように
することを目的として作られた商品なので、このトレーニングが終わった
後には、
「突然英語が聞き取れる」
といった現象がおこってくるのです。

海外留学やヒアリングマラソンのように、長時間英語にふれることで
英語特有のリズムや音域に慣れることで、聞き取れるようになるのと近い
効果ですが、「マジック・リスニング」では、それを科学的な手法によって、
極めて短期間で、しかもそれ以上の効果をあげることができるように作られているのです。

欧米人と同じように、普段の日本語では使用しない高い周波数の子音を
うまく認識できるように養成する事と、日本人の聴覚の予測や思い込み
を断ち切る事を短期間で、しかも同時に達成してくれるシステムが、マジック・リスニング
です。

「マジック・リスニング」は、その効果を国際応用言語学会世界大会でも
実証され、その後も大手企業や大学での数多くの実験で、いずれも高い
成果を出し、累積販売台数は6万台を突破した信頼性の高い
「科学的聴覚トレーニングシステム」
なのです。

 





マジックリスニングの人気の秘密

マジック・リスニングの人気の秘密は、科学的な聴覚トレーニングという
手法により、今までの常識を覆す、英語耳を作る為に作成された専用の
CDを一日60分聞き流すだけ
という簡単な方法でありながら確実に英語
のヒアリング力を格段に向上させるというところにあります。
また、科学的手法という机上の理論だけでない、確かなその実績が、
その人気を不動のものとしています。

【実験データ1 大手銀行の実験結果】
■概要
・このテストは大手金融機関の方々に協力を得て、ヒアリングテストを
本製品の訓練「前」と「後」に受けてもらった。
・個人差はあるが、1、2いずれかのテストで全員の得点が上昇した。
・テストは公正を期すため、訓練前後とも同じ環境で同じ時間帯に同一
の被験者で行った。
・尚、訓練「前」「後」ともに「同じテスト」を行ったが、訓練後のテストの
実施時に訓練前のテスト内容を覚えていることで得点が上昇すると
いう結果を防ぐため、訓練前のテストではヒアリングの回数を無制限と
し、「これ以上何度聞いても答えは同じ」という状態まで繰り返し聞い
て回答してもらった。

■テスト条件
対象 銀行員 訓練期間 12日間
人数 9人(男性8人) テスト1 被験者側で用意したTOEICの模擬テスト3択25問・聞き取り10問で35点満点
英語能力 TOEIC500~850点 テスト2 主催者側で用意したネイティブの英語(本製品中のあいさつ文から)20問で100点満点

テスト1 訓練前 訓練後 上昇率
A 16 21 +31.3%
B 12 15 +25.0%
C 16 25 +56.3%
D 16 22 +37.5%
E 23 25 +8.7%
F 32 34 +6.3%
G 25 27 +8.0%
H 12 16 +33.3%
I 18 17 -5.6%
合計 170 202 +18.8%

テスト2 訓練前 訓練後 上昇率
A 40 70 +75.0%
B 70 70 +0.0%
C 50 60 +20.0%
D 70 70 +0.0%
E 85 95 +11.8%
F 75 90 +20.0%
G 45 55 +22.2%
H 40 50 +25.0%
I 80 85 +6.3%
合計 555 645 +16.2%

セット内容
マジックリスニングの注文はここから